Small Banner

特定増改築について

+1 評価
現在、高齢者施設にて増築400㎡をしようとしておりますが、この場合、基準適合義務の対象とならないでしょうか?既存部分の面積は3000㎡になります。
質問 Aug 3 公開 QA satake (570 ポイント)

回答数 1

0 評価
このケースは、適合性判定にはあたりません。
考え方として、特定増改築は、特定建築行為に該当する増築又は改築のうち、当該増築又は改築にかかる部分の床面積の合計の増築後の延床面積に対する割合が1/2以下であるものになります。
本法施工前の既存建築物について、省エネ性能に適合しているとは限らず、増改築部分が既存部分の面積と比べて一定以上あれば、建築全体を基準適合することが困難とはいえませんが、規模が一定以下であれば、基準適合を測ることは困難な場合は多いです。そのため、今回のケースは届出義務になります。
回答 Aug 3 ota555 (1,120 ポイント)
...