Small Banner

【9/28】残る建築 ~100年目指すには~(東京)

0 評価

 

2020年東京オリンピック開催を目前に控え、都心では「古い」建物が壊され、新しい建物に日々建て替わっています。「古い」建物では、防災、IT対応、省エネ、面積効率などの「いま」の時代の要求には応えられないということがあるかと思います。しかし、ただ単に壊し、建て替えることが、社会や時代の要求に対する最良の解答なのでしょうか。

 今回は、建設当時、建築設備的にエポックメイキングとなった建物、施設に注目し、リニューアルやコンバージョンによって、「いま」の建物として時代や社会の大きな変化の波に対応した実例を紹介します。 

 本講習会が、リニューアルやコンバージョンの成功例としてだけではなく、新築建物への応用など「残る建築」として、これからの建築及び設備技術のあり方や100年建築を考えるヒントになることを期待します。

 

【プログラム】(予定)※テーマ詳細は変更となる場合があります。
10:00~10:05 主催者挨拶と主旨解説
        金子 英幸/事業委員会委員 、(株)日本設計  

10:05~10:50 【基調講演】建築機能を100年間維持するために必要なこと            
         ~過去と未来~  秋元 孝之/芝浦工業大学建築学部 建築学科 教授

10:50~11:30 「新宿センタービル」~超高層ビルのリノベーション~        

         三宅 英司/大成建設(株)
        設計本部 設備設計第二部 設計室 シニア・エンジニア

12:35~13:20 「クリスタルタワー」~熱源・空調リニューアル~
         粕谷  敦/(株)竹中工務店 大阪本店設計部 設備部門 グループ長

13:20~14:05 「東京ドーム」
        高井 啓明/(株)竹中工務店設計本部 プリンシパルエンジニア

14:15~15:00 「地域熱供給のこれまでとこれから」
        ~リニューアルの動向と箱崎DHCの事例紹介~
         山川  智/東京電力エナジーパートナー(株)
        E&G事業本部 都市事業部 都市第四営業グループマネジャー 兼 商品開発室

15:00~15:45 「大林組技術研究所 旧本館 材料化学実験棟」
        ~オフィスビルを人と環境にやさしい"魅せるラボ"へコンバージョン~
         沼田 和清/(株)大林組 設計本部 設備設計部長

15:55~16:40 「霞が関ビル リニューアル」~変わり続ける日本初の超高層~
         小笠原 昌宏/(株)日本設計リノベーション設計部 副部長

 

主催(一社)建築設備技術者協会
会場エッサム本社ビル グリーンホール
(千代田区神田須田町1-26-3)
日時平成30年9月28日(金) 10:00~16:40
アクセス会場周辺案内図アクセスマップ
定員100名(定員になり次第締め切ります)
参加費会員:17,000円 一般:20,000円
参加費振込先1)郵便振替の場合:
口座名:一般社団法人 建築設備技術者協会   振替口座:00160-7-417427

2)銀行振込の場合:
口座名:一般社団法人 建築設備技術者協会  三菱UFJ銀行 田町支店 普通口座 0334357
申込方法以下より、所要事項を入力の上お申し込みください。
お申込みを受付しましたら、受講票及び請求書を送付させていただきます。 
申込フォーム
資料案内書
資料のダウンロード

関連ホームページ:http://www.jabmee.or.jp/kousyuu/kantou/0928_4071.php 

質問 Aug 10 公開 セミナー/イベント 事務局 (6,260 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...