Small Banner

【10/10−12】建築物の環境・省エネルギー ― 建築物省エネ法に基づく適合義務や届出等の規制的措置の施行を受けて ― (東京)

+1 評価

地球温暖化問題は、その予想される影響の大きさや深刻さから人類の生存基盤に関する
安全保障の問題とされており、最も重要な環境問題の一つです。地球温暖化対策の推進を
図るため、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を普及・推進するとともに、
BCP(業務継続計 画)など災害時における機能確保にもつながる官庁施設の環境品質の
向上について取り組ん でいくことが重要になっています。
本研修では、建築環境に関する専門家の講師を招き、ZEB の普及推進や建築物の
エネルギー消費性能の向上に関する法律(建築物省エネ法)に基づく計算支援
プログラムをはじめ、適合義務、届出等の規制的措置、法律の概要などについての講義、
地方都市における環境への取り組み事例の紹介や現地研修を通じて環境問題の動向に
対応できる人材の育成を目的とし ています。
全国から集まる実務担当者との相互交流、情報交換の貴重な機会として好評を得ています。
皆様のご参加をお待ちしております。

【受講された方々の声】
・各自治体の省エネルギーの取り組みや成果事例について聞くことができて、大変参考になった。
・他の自治体の方々と関わることができ、また同じ課題を共有し、意見交換ができたことが
 非常に良い経験となった。
・今後、業務を行う上で取り組むべき課題や実践できそうな省エネ対策の知識を得ることが
 でき、大変有意義であった。
*******************************************
【 研修期間 】 平成30 年10 月10 日(水)~ 10 月12 日(金) 3日間
【 研修会場 】 一般財団法人 全国建設研修センター 研修会館
〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2
TEL 042-324-5315 FAX 042-322-5296
http://www.jctc.jp / 当センターホームページよりインターネットで研修の申込みができます。
*******************************************

 

平成 30 年度研修「建築物の環境・省エネルギー 」実施要領
― 建築物省エネ法に基づく適合義務や届出等の規制的措置の施行を受けて ― 

1.目 的
地球温暖化対策の推進を図るため、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビル)を普及・
推進するとともに、BCP(業務継続計画)など災害時における機能確保にもつながる官庁施設
の環境品質の向上について先進事例等を通じて幅広い知識を修得する。
また、共同生活による相互啓発、相互交流、情報交換を通じて、職場における業務の推進に
資する ものとする。

2.対象職員
国、地方公共団体、独立行政法人等において、建築の営繕業務に携わる職員。

3.募集人 数 40名

4.研修期 間 平成30年10月10日(水)~10月12日(金)3日間 全寮制
(通学も可能です。) 

5.集合日 時 10月10日(水)、8時45分までに、研修会館に集合してください。
※前日宿泊を希望される方は、21時までに入館してください。 

6.教科目、講師及び研修場所 (次頁以降参照) 

7.申込先及び問い合わせ先
一般財団法人 全国建設研修センター 研修局 研修担当:久保寺・高橋
〒187-8540 東京都小平市喜平町2-1-2
※申込はインターネット、郵送、FAX、メールいずれでも受け付けています。
ホームページアドレス http://www.jctc.jp/
メールで申込みをする場合は、申込書フォームをメールで請求してください。
TEL 042-324-5315 FAX 042-322-5296 メールアドレス:uketuke@jctc.jp

関連ホームページ:http://www.jctc.jp/wordpress/wp-content/uploads/ken1866.pdf

質問 Aug 11 公開 セミナー/イベント 事務局 (6,140 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...