Small Banner

【10/5】グリーン・ビルディング シンポジウム 脱炭素化に向かう建築・住宅

0 評価


 

パリ協定が求める脱炭素化に向け、建築分野は、さらなるスピードと深度をもって脱炭素化が求められる。日本が国連に提出した約束草案の目標では、2030年度までに建築分野(業務・家庭部門)では、2013年度比で40%の排出削減が前提となっている。

こうした目標に真剣に取組むとき、建築部門の脱炭素化は、エネルギー効率化を一層推進していくとともに、自然エネルギーの大量導入・利用や、電力の脱炭素化が必須である。建築分野においても、エネルギーの効率化と自然エネルギーの導入は連携して行われることで、さらなる効果をもたらすが、そのシナジー効果はまだ十分に認識されていない。

「新しい火の創造」において、米国の脱炭素化を経済的な便益のある形で描いたエイモリー・B・ロビンス氏 はじめとする専門家のお話を伺い、間近に迫る脱炭素化時代の建築とエネルギーの姿を展望しつつ、課題は何か、今何をするべきかを考えていきたい。

日程 :2018年10月5日 (金) 
時間 :シンポジウム 14:00~17:00(受付開始・開場 13:30)
          レセプション シンポジウム終了後 ~18:15 ※シンポジウム参加者対象
会場 :BASE-Q 東京ミッドタウン日比谷 6階
            (東京都千代田区有楽町1丁目1−2) googlemapで開く
料金 :無料(要事前Web登録・先着順) 登録


関連ホームページ:https://www.renewable-ei.org/activities/events/20181005.html

質問 Sep 7 公開 セミナー/イベント 事務局 (6,240 ポイント)

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...