Small Banner

【1/17】建築物の環境価値とライフサイクルアプローチ(東京)

+1 評価

 

地球温暖化対策や資源循環などへの取り組みが深まる中で、建築物についても国内においてZEB、ZEH、LCCMの取り組み等が活発です。また、建築物の環境性能の評価指標として国内ではCASBEE、米国等においてはLEEDが政策の流れや不動産市場に訴求するかたちで活用される流れが始まっています。評価の対象としてもライフサイクルアプローチや、多様な環境側面の取り扱いなど、より包括的になりつつあります。本セミナーでは、建築のライフサイクルアプローチに関わる動向を俯瞰し、多岐に渡る建築のサプライチェーンにおける取り組みの方向性を共有することを目的として開催します。各方面の有識者をお招きし、建築物の環境性能の捉え方、LCA手法の活用、それらの評価結果を環境不動産として市場に結びつける動向について、さらに、ライフサイクルアプローチの動向として、建築会社、建材サプライヤーの事例をご紹介頂きます。

開催概要

開催日時:

2019年1月17日(木) 13:30 - 17:00

開催場所:

大手町ファーストスクエアカンファレンス RoomA(地図) 
(〒100-0004 東京都千代田区大手町 1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2F)

主催:

LCA日本フォーラム

参加費:

無料(※満席の場合、LCA日本フォーラム非会員の方は抽選になる場合があります。)

参加申込:

申込フォームから申込をお願いします。

【プログラム】(敬称略)

13:30

開会挨拶 一般社団法人産業環境管理協会

13:35

講演1 「ZEH、LCCM住宅の普及促進等に関わる取り組み」
国土交通省 住宅局 住宅生産課 建築環境企画室 課長補佐 川田 昌樹

13:55

講演2 「住宅・建築物のライフサイクルアプローチ、健康、および、知的生産性向上のコベネフィット」
慶應義塾大学 理工学部システムデザイン工学科 教授 伊香賀 俊治

14:25

講演3 「建築分野での活用実態を踏まえたデータベース等の改善」
県立広島大学 生命環境学部 環境科学科 准教授 小林 謙介

 

(14:55- 休憩)

15:10

講演4 「環境不動産の付加価値とその可能性」
三井住友信託銀行株式会社 不動産コンサルティング部 環境不動産担当部長 伊藤 雅人

15:40

講演5 「脱炭素時代に向けたナイスグループの取り組み(木材・ZEH等)」
ナイス株式会社 経営推進本部コーポレートコミュニケーション室長 宮川 敦

16:05

講演6 「前田建設工業株式会社のLCAへの取り組み」
前田建設工業株式会社 調達部土木グループ リーダー 林 昌明

16:30

講演7 「建材メーカーのLCAの取り組み」
YKK AP株式会社 安全環境管理部 環境管理室長 松田 俊一

16:50

質疑応答

17:00

閉会

関連HP:http://lca-forum.org/seminar/index.html

質問 Dec 26, 2018 公開 セミナー/イベント 事務局 (6,610 ポイント)
recategorized Dec 26, 2018 事務局

ログインまたはユーザー登録してから回答してください。

...